経済編入の学習スケジュール(情報収集&メンタル編)

大学編入

今回は情報収集&メンタル編です!

※学習方法は人それぞれに合った方法があるので他の方のブログも見ながら一つの参考として見ていただけたら嬉しいです!

受験1年前

まず、受験前の自分のスペックです。高専の電気科に所属していたため経済学は全く勉強したことがなかったです。数学は高専の授業で少しやったという感じです。TOEICは受験1年前で500点でした。部活は受験1年前から休部してました。

私の所属していた学科では前期に実験レポートが毎週ある、受験期が卒業研究の追い込み時期と重なる等忙しくなることが分かっていたので学習スケジュールをどうするか結構悩みました。(はやめの対策が大事です..)

高専についてはあまり知られていないと思うので学校生活、編入、就職事情等今度記事にしようと思います!

情報収集

私は経済編入の先輩や受験生の知り合いがいなかったので情報源は主に先輩方のブログでした。中央ゼミナールの通信(単科2科目:ミクロ・マクロ)は受験の年の6月から受講し、経済学の論述問題、志望理由書の書き方の添削をしていただきました。中ゼミに入った一番の目的は各大学の過去問が約10年分印刷できるという点です。大学から公開・販売されているものは過去3年分というところが多いのでそれ以外の年度の過去問は貴重だと思います。

メンタル

興味のあることを勉強できるという事で専門科目を学ぶのは楽しかったです!しかし、あくまでも受験なのでメンタルはやられました汗 6月を過ぎると高専生は進学、就職先がほぼ決まっているので、11月までどんな時間でも他の受験生は勉強していると考えて自分を追い込み気持ちを保ちました(保ててない)。特に卒業研究の中間発表準備と受験が被った時はやばかったです笑 しかし、できることをすべてやらないで後悔することの方が断然怖かったので、最後まで頑張ることが出来たと思います。

息抜きではpodcastを聴いたり、youtubeを見てモチベーションを上げてました !

podcastは「バイリンガルニュース」、「白と水色のカーネーション」、「にゃにゃにゃラジオ」がおすすめです!

youtubeでは「バイリンガール英会話」、「はなおでんがん」、「予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」」がおすすめです!

学習方法

私はかなり心配症なので効率的ではないですが質ではなく量を重視しました。

例年、神戸、東北、横国ともに倍率が4~5倍以上になるため1問の間違いが命取りになる可能性があります。ブログで紹介されている参考書はすべて他の受験者が完ぺきにしてきていると仮定し、基礎ができていない間は情報収集でSNSを使うよりもその時間も勉強することにしました。

計算問題はおとさない、論述問題はトレーニングをして減点を防ぐことを意識しました。

勉強時間ついては平日は学校があるため7~8時間、土日は10時間くらいでした。ストップウォッチを使い時間を測り、Study Plusというアプリで記録すると時間配分を見ることができてとても良かったです。

次の記事では実際に使った学習スケジュール表を紹介していきます!

タイトルとURLをコピーしました