経済学部で編入試験を実施している大学

大学編入

ここからは実際に私が受験した経済学部の編入試験について書いていきます。

令和元年度に経済学部の編入を実施した主な大学(国立)と実施時期です。

  • 北海道大学経済学部
    8/22 一次試験(専門科目)  8/23 二次試験(面接)
  • 東北大学経済学部
    10月上旬 一次試験(TOEIC提出)  11/21 二次試験(専門科目)
  • 横浜国立大学経済学部
    11/25 筆記試験(専門科目)
  • 京都大学経済学部 
    10月上旬 一次試験(TOEFL提出) 11/8 二次試験(専門科目)
  • 大阪大学経済学部
    11/9 一次試験(専門科目)  11/23 二次試験(面接)
  • 神戸大学経済学部
    11/3 筆記試験(専門科目)
  • 九州大学経済学部
    9/5 筆記試験(小論文・数学等)  9/19 二次試験(面接)

上記以外にも国立、私立問わず経済学部の編入試験を実施している大学はまだまだあります。また、経済学部でも経済学科、経営学科がある場合と神戸、横国のように経済学部と経営学部が分かれている場合があります。

試験科目については私が受験した神戸大学は数学、経済学、TOEICの計300点と志望理由書、成績を総合して評価、東北大はTOEIC、数学、経済学、横浜国立大学は経済学、TOEICでした。

大学によって選抜方法が異なるので科目が似ている大学を併願する場合が多いようです!また、受験料が一校につき3万+交通費がかかるというのと倍率も年によって変わるので何校受験するかは人それぞれです!

次の記事では個人の経験から編入についての情報収集と勉強スケジュールについて書いていきます! 

タイトルとURLをコピーしました