独学での経済学勉強法

大学編入

個人的な経済学勉強法について紹介していきます!

実際に大学等で経済の講義を受けたことがないので正しい方法は分からないですが参考程度に..

使用参考書

まず、受験対策で使った教材を紹介します!

経済学入門

  • 大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる
  • 入門経済学(伊藤先生)
  • らくらくミクロ・マクロ経済学入門計算問題編

ミクロ経済学

  • 新らくらくミクロ経済学入門
  • 入門価格理論
  • ミクロ経済学(芦谷先生)
  • ミクロ経済学演習(奥野先生[編])

マクロ経済学

  • 新らくらくマクロ経済学入門
  • スタディガイド入門マクロ経済学
  • 入門マクロ経済学(中谷先生)
  • マンキュー経済学Ⅱマクロ編
  • 演習マクロ経済学(金谷先生)

経済学総合演習

  • 中ゼミ通信マクロ経済学
  • 中ゼミ通信ミクロ経済学
  • 中ゼミ通信模試
  • 東北大学経済学部過去問
  • 横浜国立大学経済学部過去問
  • 神戸大学経済学部過去問
  • ミクロ語句演習(自作問題)
  • マクロ語句演習(自作問題)
  • ミクロ記述演習(自作問題)
  • マクロ記述演習(自作問題)

それぞれの参考書を使っている時期については前の記事で紹介しています。

公務員試験のスーパー過去問シリーズは購入しましたが使いませんでした。受験直前は参考書を使わず、自作問題や過去問を中心に使いました!

勉強方法①

私は経済学を一度も学んだことがない友達に質問されたときに答えられるようになることを目標に勉強しました! まず、参考書の場合は一度通読します。その後、章ごとに自分が重要だと感じた部分を問題として箇条書きにしていきます(ノートよりwordで作った方が便利です)。作成した問題に対して解答を書き、これをすべての章ごとに行っていきます。例えば、「AD曲線を導出せよ」、「等価変分とは何か」等の問題を作り、その解答を論述形式で参考書を元に作成しています。

一冊分の問題と解答が完成したら問題をみてすべて解答が書けるまで練習します。一冊だけでも量がかなりあるので覚えるのは時々心折れますが、今思うと独学での受験対策にとてもよかったです。頑張って覚えても一か月経つと忘れてしまうので定期的に復習しました。

また、参考書によって説明の仕方、式の導出方法が異なる場合もあるのでその都度解答を修正しました。

すべての参考書にこの方法をとる必要はないと思いますが経済学の考え方に慣れるのにとてもおすすめです!

勉強方法②

自作の問題の解答が書けるようになったら次に参考書付属の章末問題や問題集(スタディガイド等)に取り組んでいきます。一問につき3回以上は解いていきますが、自作の問題で理論や式の導出過程を練習しているので記述問題については比較的解きやすく感じると思います。計算問題については何回も練習してパターンを暗記する方法をとりました。

すべての参考書、問題集が終わったら今まで学んだことを体系化できるようにマインドマップ形式でA3の画用紙に経済語句を書き出していきました。(この画用紙を使って経済学の理論を口頭で説明できるようになれば思ったのですが時間が足りず練習はあきらめました..)

中ゼミの問題集も基本的に記述式なので参考書で勉強した知識の確認として使いました。模範解答がついているため、自分の理解に間違っているところがあった場合、修正できた点がよかったです。

おすすめ参考書

すべての参考書を紹介することはできないので個人的に好きだったものを紹介します!

ミクロ経済学ではミクロ経済学演習(奥野先生[編])が好きです!この本は近年難易度が上がっている横国対策のために購入しました。入門の参考書では見かけない少し難しめの計算問題が多いですが、解答解説が詳しく載っており読みやすく、受験2か月前くらいの時期におすすめです!個人的に7章のコースの定理の問題が好きです。

マクロ経済学では演習マクロ経済学(金谷先生)が好きです!入門マクロ経済学(中谷先生)がよく紹介されますが個人的にはらくらくシリーズが終わった後にこの本やってもよかったと感じました。編入試験に出やすい経済成長論の章がおすすめです(黄金律等)。

まとめ

以上が私の経済学勉強法です! 私が行った学習法は時間がかかり効率的ではないです。また、参考書ごとにくせもあるのではやめの対策が必要だと感じました。しかし、私はこの方法で合格することができたので一つの方法としておすすめです!

タイトルとURLをコピーしました