横浜国立大学経済学部編入試験合格体験記

大学編入

令和2年度横浜国立大学経済学部第3年次編入試験に合格したのでその際に経験したことを書いていきます!

受験対策

私は経済学Ⅱ(経済史ではない方)で受験しました。受験者数は120~130人で合格者数は15人でした。

経済学の全体的な対策についてはこちらの記事に書いてあります。

私は経済学Ⅱの方で受験しました。大問は2つあり、買い手独占と経済成長に関する問題でした。買い手独占については一度も見たことがない問題だったので2割くらいしか書けませんでした。経済成長については、「経済学で出る数学」、「演習マクロ経済学」、「入門マクロ経済学」、「らくらくマクロ経済学」、中ゼミのテキスト(東北大学の過去問)で色々なパターンを練習していたので解答することができました。

完答するには、私が使っていた問題集では全然足りなかったので、院試対策の参考書も用いて難しい問題を練習するべきだったと反省しました。

倍率すごいので合格は厳しいと感じていましたが、東北大学対策で記述の練習をしていたので、そこで減点を最小限に抑えられた点が良かったと思います。

ぜひ今後横国を受ける方は、出題傾向がつかみにくいため、幅広い参考書(横国より難しい問題を出す大学の対策に用いるもの)で練習することがおすすめです!

編入体験記のまとめ

これまで13記事にわたって編入試験に関する記事を書いてきました。私が経験したことは大体書けたと思います。振り返ってみるとスタプラで記録していた総学習時間(2~11月)は2500時間でした。

自分と同じように将来に悩んでいる人が、いろんな選択肢があることを知るきっかけになったら幸いです。環境によっては頑張っていたら馬鹿にされることもあります。でも関係ないです。 この研究がしたいから、この大学に行きたいから理由も様々、 編入関係で知り合った方々はいろんな経歴、考えを持っていてとても刺激になるし、尊敬しています!

今後ツイッターで編入試験に関する発言はしません。 (質問はいつでも送って頂いて大丈夫です)

次の目標に向かって頑張っていきます!

これからは他のイベント、趣味、勉強などについて書いていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

時々このブログを覗きに来てもらえたら嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました